高校生からのお礼
高校を卒業した奨学生からのお礼
この度EDFでは、2021年3月に高校・専門学校を卒業した奨学生たちから、中学1年生から6年間も奨学金を戴いたことに対する感謝の気持ちのこもった手紙を受け取りましたので、その内、4人の学生からの手紙を下記の通り皆様にご紹介したいと思います。
 
高校生からのお礼
皆様からお預かりしました奨学金のお陰で、多くの子どもたちが進学の機会を与えられ、途中退学を避けることができた上、無事立派に卒業出来ました。奨学金は彼らを励まし背中を押してくれる大きな力です。奨学生自身も支援者に感謝しその気持ちに応えようと卒業まで頑張ってきたことが、手紙からも伺えます。
皆様のご支援のお蔭でこの学生達のようにタイの恵まれない子どもたちがより良い教育機会を得られていることにEDF財団の職員一同、心から感謝申し上げます。
 
                        ピヤラットさん
 

(日本語訳)
U様へ
私は、ピヤラット・カントーン、シィヤンピタヤーコム学校の高校三年生です。この6年間、私のために教育奨学金をご支援頂きましてどうもありがとうございました。おかげさまでもうすぐ高校を卒業します。
私には教師になるという夢がありましたが、もしかするとこの道に進まないかもしれません。コロナウィルスの影響でオンラインでの勉強が増え、自分の将来について色々考える時間ができました。私には自分の住んでいる村から離れた、例えば北タイの山岳民族の子供達の先生になるという夢がありました。でも、実は私にはもう一つの夢があります。それは、自分の村の発展、特に農業開発に貢献することです。そして最終的に私は農学部で農業開発について学ぶことを決心しました。農学部に進学することで村の発展に貢献する夢、村の人達に私が得た知識を伝えると言う意味で教師になる夢、この二つの夢を叶えることができます。もし、農学部合格がかなわなかった時のために第二志望として著しく発展し続けている世界で将来何かに役に立つであろう情報学部(IT専攻)に願書を提出しました。
最後になりましたが、自分の夢のために無事大学に合格できる様に一生懸命に勉強します。経済的に恵まれない私の様な子供をこれまでご支援くださったU様には心より感謝しています。どうもありがとうございました。
U様とご家族の皆様のご健康とお幸せをお祈りしています。
                              深い敬意をこめて
                                           ピヤラット・カントーンより

 

    ナタウットさん


(日本語訳)
O様
僕は、ナタウット・パントーン、現在十八才でウドーンターニー県のドンイェンウィタヤーカーン学校の高校三年生です。家族は母方の祖父母、叔母と僕の四人です。
僕は、中学一年生から現在に至るまで教育奨学金のご支援を頂いています。奨学金のお陰で家計の負担が大幅に減り、僕と家族の生活の質はとても向上しました。また、僕は、将来より高い教育を受けたいと考えていてルーイ教育大学(一般科学専攻)へ願書を提出することもできました。
これまで僕のためにご支援頂きましたご恩に家族も僕も心より感謝しています。頂いた奨学金は、家族が路頭に迷わない様にまた家族や先生方の教えを守り今後社会に貢献できる様、自分の勉学のために最大限に活かし使わせて頂いていました。
最後になりましたが、お釈迦様がO様とご家族の皆様のご多幸とご健康を守ってくださる様にお祈りしています。本当にどうもありがとうございました。
                           ナタウット・パントーンより

 

   ニヤダーさん
 

(日本語訳)
N様
こんにちは
 私は、ニヤダー・バーンチャックです。現在、高校三年生の二学期を過ごしています。私は、高校一年生から将来の自分の仕事について色々考えてきましたが、家族や自分が一番願う学科を決めるのには迷いました。私の一番の夢は単に形式として大学の卒業証書を得ることではなく、家族がより快適に暮らせることです。父の仕事を手伝う時、いつも父の額に流れる汗や手に残る傷跡を目にします。母も毎日日雇いの仕事をしています。両親がもっと体を休め今よりも楽な生活ができるようにしてあげたいです。そして弟妹が大学まで進学できるように教育費の援助もしたいです。
最終的に私は、教育学部タイ語学科に進学することを決めました。私は、何か教えたり話したりするのが好きですし、タイの未来の希望である子供達がより安定した生活を送れる様、力を注ぎたいです。子供達を教え導き立派に社会に貢献する姿を見ることができるというのは何という誇りでしょう。
私が教師になりたい理由は他にもあります。それは教師は、公務員であり教育学部を卒業し公務員試験に合格すれば福利厚生により両親の医療費免除等の優遇が得られ、家族の大きな助けにもなるからです。
おかげさまで私は、ナコンパノム教育大学教育学部タイ語学科に合格することができました。これからも家族のため、自分の夢を叶えるためにも一生懸命に勉強します。
N様がこれまでずっと私のために教育奨学金をご支援くださりもう六年になります。奨学金は本当に大金で、奨学金だけでなく色々な学用品もご支援頂きました。今も大切に使わせて頂いています。親戚でもなく知り合いでもない私にN様の様に奨学金をご支援くださり応援し続けてくださる方が自分にいてくださるとは思いもしませんでした。私は、ほんとうに幸運に恵まれていたと思います。N様に心より感謝しています。N様は、私にとって恩人です。本当にどうもありがとうございます。
                                                                                                             深い敬意をこめて
                                                                                                     ニヤダー・バーンチャックより
 

    シリントラーさん
 
 
(日本語訳)
                     奨学金のお礼
私の名前はシリントラー・プロムセーナーです。ムクダハーン県ドンターン郡のドンターンウィッタヤー学校芸術社会学科の高校3年生です。中学校から高校まで奨学金をご支援いただき、ありがとうございました。ご支援者様のご慈悲がなかったら、資金不足のために高校に進学できなかったかもしれません。いただいた奨学金は勉強のために使いました。家族の負担を軽くするためです。
高校生活では学校の活動やボランティア活動といった様々な活動に参加しました。2018年はポスター絵画コンクールでは全国最優秀賞を受賞して、副賞で日本へ研修旅行に行ってきました。2019年は最優秀高校生選考(成績優秀、品行方正、社会活動でも秀でた生徒をタイ王室が表彰する)の学校代表に選出されました。2020年はノンタブリー県ムタントンタニー(大規模の展示会会場)で開催された、王室主催の麻薬問題撲滅運動の1つであるTo Be Number One 全国大会の代表に選出されました。
ボランティア活動では幼稚園の教室の壁に絵を描いたり、様々な学校で看板を作成したり、木を植樹しました。高校を卒業したらナコンパノム大学の教育学部英語学科に進学したいです。
 末筆ではございますが、ご支援者様に感謝申し上げます。ご支援者様には私の人生を支援していただきました。勉強を頑張り、両親にとって良い子供、先生方にとって良い生徒となり、国や社会の役に立つ良い人間になると誓います。奨学金は大切に使います。学校を卒業後は、国や社会の役に立つことでご支援者様に恩返しができるように頑張ります。
ご支援者様のますますのご多幸、ご健勝をお祈り申し上げます。
                                                シリントラー・プロムセーナー

2022年度の奨学金募集期間は2022年6月30日までです。皆様からいただく「教育機会」は、恵まれない子どもたちが直面している問題を乗り越えるための大きな力となり、彼らの人生を将来に渡って大きく変えられるものと私共は信じています。皆様には、一人でも多くの子供たちにそんな素晴らしい機会を与えることができるよう、奨学金支援へのご検討を何卒よろしくお願い申し上げます。
 

Connect with EDF
The Education for Development Foundation(財)地域開発教育基金
50 K.U.A. Building 3rd Floor, Chatuchak, Bangkok, Thailand 10900 | +6625799209 to11
EDFは1994年には財務省から255号の税制優遇措置団体に認可されました。EDFへの寄付の領収書は所得金額から控除され、この分は所得税が課税されません。 © 2011 EDF Thailand