2022年度 EDFの奨学金を受け取った生徒の話と御礼メッセージ
EDFでは2022年8月に、各対象学校へ2022年度奨学金の振込みを行っています。奨学生達はその貴重な奨学金を、直接学習にかかる費用と日常の学校生活費用に使用します。下記は、2022年から2024年までの3年分の奨学金を受け取ることになったルンチラポン・チョンサンティア(マプラン)の話と奨学金の支援者の方への御礼メッセージです。

2022年度 EDFの奨学金を受け取った生徒の話と御礼メッセージ

ルンチラポン・チョンサンティア(マプラン)と母親
 
マプランは叔父、叔母、そして二人のいとこと生活しています。叔父と叔母は野菜作り、畑仕事、田植え等を仕事にしています。時々、叔父が草刈りや建設作業をして日給200-300バーツを得ます。叔父と叔母はこの収入で一家の家計を支え、3人の子供を育てていますが、収入が出費に追いつかない時、親戚やご近所から借りることもあります。
 
マプランの両親は近隣の県で建設作業や農作業をしています。雇用主によって働く場所が変わるため、マプランを叔父叔母に預けています。たまに食費と学校でかかる費用のお金を送ってくれます。仕事がない月は、両親が戻ってきて、叔父叔母の農作業を手伝います。

 
家の様子 寝室、台所、トイレ
 
マプランの家は一階建てで屋根が折板です。そして、その壁は木と折板でできています。電気と水道がなく、隣に住むおばさんの家から電気を引いています。しかし、点消灯の時間があるため、夜は電気が使えません。そのため、夜、マプランはランプの明かりで復習や宿題をしています。水については、近くの井戸水や貯めた雨水を、お風呂や皿洗いに使っています。
 

毎日スクールバスを待つために、大通りへ歩いている

家から学校までの距離が3キロメートルほどですが、毎日、マプランは大通りを通るスクールバスを待つために、800メートルほど家から歩きます。家から大通りまでの道が整備されておらず、雨の日は泥水が溜まり、移動が非常に困難になります。
 

マプランは制服を一着しか持っていません
 
家計が苦しく、制服や勉強道具を買うお金がないため、マプランは制服を一着しか持っていません。毎週、制服、体操着、そしてガールスカウト制服を交代で来ます。学校から帰ってくると、次の日に登校できるように、マプランは急いで制服を洗濯しなければなりません。

 

ダルニー奨学金担当教諭から奨学金を提供しました

先生が奨学金をいただけると告げると、マプランは次のように寄付してくださった方にお礼を言いました。

「奨学金をいただけてとても嬉しいです。寄付してくださった優しい方に心からお礼を申し上げます。このお金は制服をとスクールバスの支払いに使わせていただきます。貧しい家の子供のスクールバス代を学校が一部負担してくれますが、残りは自分で払わないといけないからです。私と家族を助けてくださって、本当にありがとうございます。一生懸命に勉強して、自分のやるべきことをやります」。

2023年度進学の子供たちへの募金は2022年7月1日から20236月30日まで行っております。皆様には、これからも引き続きご支援、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 


 


Connect with EDF
The Education for Development Foundation(財)地域開発教育基金
50 K.U.A. Building 3rd Floor, Chatuchak, Bangkok, Thailand 10900 | +6625799209 to11
EDFは1994年には財務省から255号の税制優遇措置団体に認可されました。EDFへの寄付の領収書は所得金額から控除され、この分は所得税が課税されません。 © 2011 EDF Thailand